クスリになるレシピ

鰻の棒寿司仕立て

材料

鰻(蒲焼)
2尾
青じそ
10枚

■酢飯

ご飯
2合分
大さじ4
砂糖
大さじ2
小さじ1
白胡麻
大さじ3
枝豆
60g
みょうが
1パック(4個程度)

作り方

  • 青じそは洗って水気をペーパータオルなどでとっておき、枝豆は下茹でしておく。
    みょうがは洗ってせん切りにしておく。
  • あらかじめ酢・砂糖・塩は大きめのボールに混ぜ合わせておき、そこへ温かいご飯を加え切るように混ぜる。
    味がなじんだら白胡麻・枝豆・みょうがを加えざっくり と混ぜ合わせる。
    できあがったら半量に分け、ラップで棒状に整える。
  • ラップの上に鰻1尾を身を下にして置き、青じそを裏返して5枚並べる。
    ラップで包んだ半量の②を置き、形を整えながらきっちりと巻く。
    同じものをもう一本作る。
  • その状態で10分なじませたら、ラップで包んだまま食べやすい大きさに切ってラップをはずし、器に盛ったら出来上がり!

調理のポイント

  • もしウナギをレンジなどで温めてから使う場合は加熱しすぎないように気を付けて。
    形がすごく崩れ易くなります。

薬効食材

  • 体の弱りを補養する
  • 湿気をとる
  • むくみや痛みを改善
枝豆
  • 熱を冷ます
  • 胃腸を丈夫にする
  • 湿気をとる
  • 肝臓保護
青じそ
  • 発汗
  • 散寒
  • 気を巡らせる
  • 健胃
  • 吐き気をとめる
みょうが
  • 身体の熱を冷ます
  • 気・血の巡りをよくする
  • 食欲増進

気虚タイプにおすすめのレシピ type

手羽元と干ししいたけの煮物

【鶏肉の話】 現在、世界で最も多くの民族の食べられている肉類とも言える鶏肉。日本で食べられるようになったのは江戸時代の終わり頃から。当時は絶対数が少ない為、高価なものでしたが、現在は物価の優等生として日本人の食生活を支え...

  • しいたけ
  • クスリになるレシピ
  • 今月のおすすめレシピ
  • 免疫力の低下
  • 気虚
  • 鶏肉

人参と長芋の春巻き

【にんじんの話】 近年、スーパーなどでは一年中お目にかかりますが、にんじんは栄養面でとても優れている野菜です。 カロチンを非常に豊富に含む緑黄色野菜であり、1/2本分で一日分のビタミンAの必要量を補うことができます。その...

  • オールシーズン
  • クスリになるレシピ
  • 人参
  • 免疫力の低下
  • 気虚
  • 長芋(山芋)

鶏肉団子としめじのさっと煮たっぷり三つ葉添え

【三つ葉の話】 セリ科に属する日本原産の香草で、1本の茎に葉が3枚ずつつくことから三つ葉といいます。野菜として栽培しているのは日本と中国のみで、つまり食用とされているのは概ねこの2国ということになります。栽培方法により、...

  • しめじ
  • クスリになるレシピ
  • 三つ葉
  • 今月のおすすめレシピ
  • 免疫力の低下
  • 気虚
  • 花粉症
  • 長ネギ
  • 鶏肉

長芋の松の実味噌焼き

【松の実の話】 正確に言うと松の「実」の部分ではなく、松の種の「胚乳」の部分にあたり茶色の薄皮をかぶっていますが、一般的にはこれを除いたものが市販されています。中国では「仙人の食」と呼ばれ、滋養強壮や老化防止に良いとされ...

  • クスリになるレシピ
  • 呼吸器
  • 松の実
  • 気虚
  • 長芋(山芋)

タラのしめじあんかけ

【しめじの話】 馴染み深い食材のしめじですが、実は日常食卓に並んでいるものは本来の意味で「しめじ」でないかもしれません。正式には、シメジ科のキノコ、とりわけキシメジ科シメジ属のホンシメジについてを「しめじ」と言いますが、...

  • しめじ
  • カブ
  • クスリになるレシピ
  • タラ
  • 免疫力の低下
  • 気虚
  • 花粉症

鶏肉と長芋のソテー

【長芋の話】 山芋の種類のうちの1つ。とても栄養価が高く、独特な味わいを持つ野菜です。亜鉛やカリウム、鉄などのミネラル成分、ビタミンB群・Cなどの多くの栄養成分をバランス良く含み、数種類の消化酵素も含んでいます。 漢方薬...

  • クスリになるレシピ
  • 免疫力の低下
  • 気虚
  • 長芋(山芋)
  • 鶏肉

揚げ里芋のもちきびあんかけ

【きびの話】 「もちきび」と「うるちきび」があり、ほのかな甘みがあります。日本では昔から「もちきび」は餅、おこわ、団子にして、「うるちきび」はご飯やお粥に利用されてきました。 『ももたろう』に出てくるきび団子は、この「も...

  • もちきび
  • クスリになるレシピ
  • 呼吸器
  • 気虚

長芋の鶏そぼろあんかけ

【長芋の話】 今回は長芋を紹介します。 長芋は消化酵素ジアスターゼを多く含むので一緒にとった食事の消化を助けてくれます。 よく精力をつけるといわれますが、これは長芋が腎虚に効果があるため。腎は生殖機能のほか膀胱機能をもつ...

  • クスリになるレシピ
  • 免疫力の低下
  • 気虚
  • 長芋(山芋)
  • 鶏肉

夏におすすめのレシピsummer

豆乳のブラマンジェ、白キクラゲのシロップ煮添え

【豆乳の話】 豆乳は、皆さんも知ってると思いますが、豆腐を作る過程でできる大豆の絞り汁。以前は豆腐屋で一杯ずつ売られていたようですが、近年の豆乳ブームでどこのスーパーでも見るようになってきました。味もプレーンなものからコ...

  • ほてり
  • クスリになるレシピ
  • 呼吸器
  • 白キクラゲ
  • 豆乳
  • 陰虚

ゴーヤと豚肉と茄子の胡麻味噌炒め

【ゴーヤの話】 数年前までは珍しい食材だったゴーヤ。今では、この時期になるとスーパーで陳列されてる姿をよく目にします。 ビタミンC含有量がかなり高く、その働きを助けるカロテン量も豊富なため、油で調理をすると吸収が高まり、...

  • ほてり
  • クスリになるレシピ
  • ゴーヤ
  • 夏バテ
  • 茄子
  • 豚肉
  • 陰虚

豚肉のみょうが巻き

【みょうがの話】 日本原産の香辛野菜の1つです。若い茎を『みょうがたけ』、開花前の若い花穂のことを『花みょうが』と言います。 今回はこの一般的にみょうがとして知られている、花みょうがを使ったレシピをご紹介します。 種類は...

  • みょうが
  • クスリになるレシピ
  • 夏バテ
  • 豚肉
  • 陰虚

きゅうりの冷たいポタージュ

【きゅうりの話】  「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず」。これは水戸黄門でおなじみの水戸光圀の言。「是瓜類の下品也。味よからず水毒あり」。これは江戸時代の儒学者、貝原益軒の言。それぞれきゅうりについて述べ...

  • きゅうり
  • じゃがいも
  • ほてり
  • クスリになるレシピ
  • 夏バテ
  • 玉ねぎ
  • 陰虚

トマトと牛肉の炒め物

【トマトの話】 「トマトが赤くなると医者が青くなる」。「トマトのある家には胃病なし」。「夏にトマトをたっぷり食べると冬に風邪をひかない」。 昔から体に良いといわれてきたトマト。真っ赤なトマトは見ているだけでも、元気が湧い...

  • クスリになるレシピ
  • トマト
  • 夏バテ
  • 牛肉
  • 玉ねぎ
  • 陰虚

ゴーヤチップス

【ゴーヤの話】 一昔前までは、暑い地域以外ではあまり売られていませんでしたが、沖縄料理の人気とあいまって全国的におなじみの夏野菜になりました。 別名「にがうり」というくらいなので、多少の予想はできますが、始めて食べたとき...

  • クスリになるレシピ
  • ゴーヤ
  • 夏バテ
  • 陰虚

しそと豚肉の冷やし中華風

【紫蘇の話】  中国、三国時代のこと。少年が蟹をむさぼり食べているのを通りすがりに見た旅の名医が、中毒を予想して、その家族に青紫蘇の葉を渡しました。 その夜、予言通りに少年は食中毒にかかり、顔面も紫色に、死の淵をさまよい...

  • しそ
  • クスリになるレシピ
  • トマト
  • レタス
  • 夏バテ
  • 豚肉
  • 陰虚

イチジクのコンポート

【イチジクの話】 イチジクには便通を良くする効果があります。有名なイチジク浣腸も便秘に使うのでなにか深~い関係があるのではないかと思ってしまいますが形が似ているというだけのようです。 今シーズンはイチジクを召し上がりまし...

  • ほてり
  • イチジク
  • クスリになるレシピ
  • 皮膚の乾燥
  • 陰虚

今月の人気レシピ recipe

食材から探す

魚介類
豆・
種実類
きのこ類
穀類・
いも類
野菜類
果物
卵・
乳製品類
調味料・
香辛料類

タイプから探す

季節から探す

季節に出やすい
症状から探す

ご相談・お問合せ

受付時間 9:30~19:00(日祝定休)

電話でご相談

045-861-6321

スマホ・パソコンでのビデオご相談

パソコンやスマホの通信環境によっては、別途通信料が発生する場合がございますのでご注意下さい。
Wi-Fi環境下でのご利用を推奨します。
まずはお電話 045-861-6321 にてご連絡下さい。

来店してご相談

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町445
※駐車場あり

※受付時間にお電話やご来店が難しい方はお問合せフォーム経由にてご相談ください。 お問合せフォームはこちら

和漢堂ホームページでご紹介している事例はすべて日本で「医薬品」として承認されている漢方薬を利用した事例で健康食品は含んでおりません。
また漢方薬によって病気の全てが改善することを保証するものではありません。